Menu Close

ライブチャットでしてはいけないこと

ライブチャットでは何をしても良いというわけではありません。してはいけないこともありますので、その点注意しなければいけないでしょう。例えばどんなことをしてはいけないのか、ここで詳しく見ていきたいと思います。

乱暴な口調での命令

これはどんな場合でも許されるものではないのですが、乱暴な口調、言葉遣いは嫌われてしまいます。ライブチャットというのはタイピングでの会話、音声通話での会話で、直接目の前に相手がいる訳ではなくて、画面を通して相手がいます。そのせいかもし目の前に人がいたとしたら絶対に言わないような乱暴な言葉を使ったり命令をしたりしてしまう人がいるのです。乱暴な言葉遣いや命令をしたとして男性は満足かもしれないのですが、ほとんどのチャットレディはそんなことを言われていい気分がするはずがありません。

ネチケットは守りましょう

インターネット上でのエチケットのことをネチケットと言いますが、ネチケットは守るべきです。インターネットで生身の人を目の前にしていないからと言って何をしても良い訳ではないのです。即脱ぎを禁止しているのに要求したり、挨拶もなしに脱ぐことを求めてくる、ログアウトをするときに何も言わずに突然ログアウトをするなど、本来やってはいけないこと、気分が悪くなるようなことはしてはいけません。当然のことですが脅したり暴言を吐くというのもダメです。女性に嫌われるから駄目という一面だけでなく、人としてそのようなことはしてはいけないのです。

常連でも許されない

常連だから何をしてもいいと思っている人もいるのですが、常連でも駄目なものはダメですから注意しましょう。常連だから何を言っても許されるという事はないのです。

関連する記事